みんなは、朝キャバ・昼キャバって知ってる?
最近、都心部を中心に地方でも朝キャバ・昼キャバが営業されるようになってきているんだ!
そんな朝キャバ・昼キャバで遊ぶことをオススメしていこう!

昼間暇なボーイにとって朝キャバ・昼キャバは遊ぶのに最適

俺たちボーイが、朝キャバ・昼キャバで遊ぶようになるのはなぜか?
それは、深夜の仕事終わりからそのままキャバクラで遊ぶことができるからだ。
基本的な朝キャバ・昼キャバの営業時間は、
朝キャバ→早朝からお昼前後
昼キャバ→昼頃から夕方前後
となっている。
そのため、日中やることがなく暇を持て余しているより、仕事終わりにそのまま朝キャバ・昼キャバで遊んだ方が時間を無駄にすることがなくなるんだ。
俺のパターンで言うと、深夜に仕事が終わりそのまま朝キャバに行き、お昼前くらいまで朝キャバで遊んで家に帰るパターンがある。
・退勤→朝キャバ→就寝→出勤

また、昼キャバに行くパターンだと、仕事が終わって家に帰り就寝してからお昼過ぎに昼キャバに行き、夕方まで遊んだら出勤するパターンがある。
・退勤→就寝→昼キャバ→出勤

どちらも時間を無駄にしないで、1日のサイクルをうまく回していけるので、俺にとって朝キャバ・昼キャバは、貴重な場所なんだ!
まぁ、毎日この生活をしているわけじゃないから、そこは心配しないで。
さすがにこれを毎日繰り返すと体力の限界で死んじゃうから!(笑)

朝・昼キャバの客はボーイやホストが多い

朝キャバ・昼キャバで遊んでる客は、ボーイやホストが多い。
みんな仕事終わりにそのまま朝キャバ・昼キャバで遊ぶため、ボーイやホストなどの同業者が集まるんだ。
普段働いている、夜のキャバクラと違って店内はキャバクラの雰囲気やキャバ嬢、女の子の扱いに慣れているお客さんばかりなので、夜とは違う違和感を感じるかもしれないね。
働いているキャバ嬢たちは、学生や主婦がほとんどのため、キャバクラに慣れていない子が多い。
だから、そこをうまく利用して、自分たちが会話を引っ張っていければ、落とすのだって簡単!
でも一つ注意として、周りの客はみんな女の子の扱いに慣れた同業者ってことを忘れちゃいけないよ!
ライバルは多いからね!(笑)

夜のキャバクラより安上がりな場合も多い

朝・昼キャバは夜のキャバクラと比べて、値段の設定がリーズナブルになっているところが多いんだ!
働いているキャバ嬢のほとんどが、学生や主婦、シングルマザーなどの夜に働くことが難しい人ばかり。そのため、ノルマも少なく、料金が安くなるっていう仕組みなんだ。
俺たちボーイにとって、時間帯もこっちのニーズに合っているし、それに加えて料金も安いとなると、朝キャバ・昼キャバで遊ぶこと以外考えられなくなるよね!(笑)